日本でオンラインカジノをしているのは、どんな人達なの?税金はどうなる?

日本では、カジノなどギャンブルについては規制があるために、日本人にとってはあまり馴染のない遊びです。
イメージはラスベガスのような派手なイメージで、セレブのようなお金持ちがする遊びという印象を持っている方がほとんどかもしれません。

オンラインカジノの場合は、日本にいても遊べるわけですが認知されてから4年くらい経過しています。オンラインカジノでも日本人のスタッフが対応したり、サポートを行うなどが増えてきています。

それだけ、日本での市場も拡大しつつあるという事でしょうか?そこで、気になるのが日本人ユーザーですが、現時点では10万人を超えるユーザーがいます。
そして、利用しているのは、普通のサラリーマン、会社経営者、主婦などの一般の方が利用しています。

そして、オンラインカジノで日本人が1億円を獲得しているという事実もあります。海外でのカジノ利用者も一般の方が多いものです。所得、社会的地位の高い人が多く集まります。
そのため、カジノで怪しい人ばかりが遊んでいるということはありません。

というわけで、日本人がオンラインカジノで楽しむことが出来るわけですが、気をつけなければならないのは、税金です。
カジノで勝った金額に対して、その年の確定申告の対象となります。
会社務めをしている場合には、源泉徴収票と一緒に税務署に出向いて確定申告を行わなければなりません。

会社には、カジノでの所得が合った事を知られないようにして申告をする事もできます。
オンラインカジノでの勝った金額の合計が50万円未満の場合は、税金が掛かりません。(負けた金額を除く)

Comments are closed.